千葉新港店のおすすめスポット

葛飾北斎の浮世絵に描かれた!住宅地にひっそりと佇む神社

Facebookでシェアする google+でシェアする

行ってきました、マイナー…な神社!!
その名も登渡神社!!(通称:登戸神社)
これぞ地元ならではのスポットではないでしょうか?
京成新千葉駅の近くの住宅街の中にある神社です。
小さな神社ではありますが、古くからあったようで、江戸時代には葛飾北斎が浮世絵で描いた場所でもあるそうです。
どんどん進んでいきます~!
境内の大銀杏は市の保存木で紅葉の季節には見事な黄色に染まります。
有志が保護している地域猫の集会場にもなっていて、天気の良い日には幸せそうに日向ぼっこする猫の姿が良く見られます。
ありました~~~~~!!!! 御神木!!!
今はまだパワーがありそうに見えないのですが…きっと春には満開の桜が咲くのでしょうね!
そして主役の本殿!
この本殿ではお祭りや年末年始には地元の方や小学生がお神楽を演奏します。
大晦日の夜中は、前の道路まで行列となりますが、明けて元旦はそれ程混まないので穴場ですよ!
夏のお祭りは、タイムスリップしたかの様な、昭和の趣の屋台、屋台…。
建物の裏に、すばらしい彫刻があります。建物周囲ぐるりに十二支が彫ってあります!
最後に御神水
さすが神の社と 書いて神社!神づくしですね~!
帰る前に身も心も清めて帰りましょう!