鎌ヶ谷店のおすすめスポット

街中の小さな大仏様

Facebookでシェアする google+でシェアする

鎌ヶ谷大仏駅という駅 皆様御存知でしょうか?
鎌ヶ谷市にある新京成線の駅名です。
その由来は・・・

おわかりですよね?
駅の目の前にこのような大仏様がいらっしゃるからです!!

鎌ヶ谷大仏
千葉県鎌ヶ谷市鎌ヶ谷1-8-1
ちょこっとご紹介▼
千葉県鎌ヶ谷市にある大仏である。鋳造青銅製で高さ1.8m、台座含めて2.3m。 安永5年(1776年)11月、鎌ヶ谷宿に住む福田文右エ門が先祖の霊の冥福を祈るために、 江戸神田の鋳物職人の多川主膳に作らせた。建立の際、かなり派手好きであった 文右エ門は自宅前から大仏の場所まで数百メートルに渡り琉球ござを敷いて僧侶などを もてなしたいう。~Wikipediaより引用

駅の前にこの佇まい。。。
鎌ヶ谷市のシンボルといってもいいでしょう。
だがしかし小さい
台座含めて全高2メートル30センチ
我がウェイクの1メートル83センチとほぼ変わらない?
やはり小さい。。。
大きい仏さまと書いて大仏。
奈良の大仏、鎌倉の大仏、ぶつぶつ・・・
いろんな大仏様がいると思いました。
ダイハツ千葉販売鎌ヶ谷店(鎌ヶ谷市丸山3-18-1)からおよそ徒歩20分
新京成線鎌ヶ谷大仏駅から徒歩15秒
この小さな大仏様ぜひ足を運んでみてください。
きっと驚くとおもいます。。。