姉崎店のおすすめスポット

3000年以上で賑わう節分祭

Facebookでシェアする google+でシェアする

こんにちは!姉崎店 新人営業の板橋です。

今回は千葉県のおもしろスポットといたしまして、姉崎店の近くにあります「姉崎神社」の節分祭の様子を掲載させて頂きます。
まず、姉崎神社の歴史を簡単にご説明いたします。
日本書紀によれば、景行天皇40年、日本武尊が当社鎮座地の宮山台で弟橘姫をしのび、風の神である支那斗弁命を祀ったのが当社の始まりだったそうです。
このように非常に歴史のある神社でございまして、毎年節分の時期になるとお祭りが開催されます。それが節分祭です。
この行事は夜から開始なので姉崎店スタッフ一同歩いて姉崎神社まで向かいました!
節分はもともと、季節の変わり目に厄や病などの邪気を祓い清める行事で、古社である姉崎神社では、豆まきの前に伝統的な古式ゆかしい『追儺(ついな)の儀』として、弓の弦を鳴らしたり、氏子や地域の関係者の方たちが玉串を捧げていました。
時間がたつに連れて地元の方々もたくさん集まってきました。
そしてついに豆まき開始!
参列者の方々は皆さん夢中で餅と炒り豆などが入っている小袋取り、歓声をあげていました。
姉崎スタッフも頑張って取ろうとしますが…なかなか取れません(笑)
この行事は例年3000人以上とされる人出で、ごった返すほどの人気行事なので節分の日は姉崎神社に行ってみてはいかがでしょうか?
ぜひとも姉崎に遊びに来てください!